忍者ブログ
since 2008/9/17 ネットの片隅で妄想全開の小説を書いています。ファンタジー大好き、頭の中までファンタジーな残念な人妻。 荻原規子、上橋菜穂子、小野不由美 ←わたしの神様。 『小説家になろう』というサイトで主に活動中(時々休業することもある) 連載中:『神狩り』→和風ファンタジー 連載中:『マリアベルの迷宮』→異世界ファンタジー 連載中:『お探しの聖女は見つかりませんでした。』→R18 恋愛ファンタジー 完結済:『悪戯なチェリー☆』→恋愛(現代) 完結済:『花冠の誓いを』→童話 完結済:『変態至上主義!』→コメディー
| Admin |
ブログ内検索
お天気情報
別の世界に旅立っちゃうんだぜ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


一つ言っておく。
とにかく服を着ろ。

やっと神狩りの三章が終了しました。その記念に、浅葱もう少し成長バージョン描いてみた。多分15,6、7歳くらいなのかな……わかんね。

服って、描くのが面倒ですね。もうお前ジャージで生活すればいいじゃん。ていうか裸でいいじゃん。服の描写がうまいひとは本当に尊敬します。きっとおしゃれなんですね、わかります。

服を考えるのが面倒な人は、裸かジャージでおkだと思います。←


神狩りはもう重くてお腹いっぱいです。どんだけ辛い世界なんだよって感じで、書いててつっこんでしまいました。

間章の子どもは、言わずともわかるかと思いますが、あれは浅葱です。ちなみに少女は黎明、黎明を見つめていた少女は白藍です。
浅葱は奴婢(奴隷のことですね)として売られ、黎明は白藍に捕まt……保護されました。どっちもどっちの不幸な道だと思います。だけどどっちかというと、浅葱の方がかわいそうな気がします。だって姉ちゃんは意識消失して、目を話した隙に池の中にしずんでいくし、気付いたらしらねー土地で季節とか夏で、どこここって感じで、男にとっつかまって奴婢にされるし。んで、変態のおっさんに売られるし。ついてないな、浅葱
黎明は、きっと殺されるとか、ひどい目にあわされるとか、そういうことは一切ないと思います。白藍は体面上優しく接してくれる気がする。そして洗脳ですかね。黎明は何も知らない限りは幸せだと思います。ただずっと自責の念に囚われて、思考停止していそうですね。

このきょうだいは、二人そろってこんなことになったのは自分のせい、だけどこんな風にした誰かを激しく憎んで、許さないと思っているんでしょう。
浅葱は復讐心に燃え、黎明は自分が一番かわいそうだと思い、死にたいと思っている。かわいそうな子どもたちですね……。
あの頃の、穏やかな日々はもう二度と戻っては来ない、それをわかっていながら、復讐をやめられない浅葱と、心の奥で誰かを憎んでいるけれど、行動におこすことが怖い黎明。これからの話の中で今までの性格がきょうだいで逆転するという不思議な現象がこれからおこってくるかもしれません、そこまで深くこのきょうだいにつっこめるかわからないけど。

次回からは、海鶴のほうへもどります。多分もうちょっと明るくなると思う…。うん、がんばろう。


あんまり主人公強くて、行く先々なんでも簡単にうまくいってしまうという話はどうかと思っています。そういう話好きだけど、現実味ないなとか思って、厳しい現実を突き付けてみたらあら不思議。すっごく重い話になってしまいました。別に不幸が好きなわけでもないんでもないってか私自体はハッピーエンドが好きだから、こういう話ってあんまうけないんだろうなー(笑)とか思って書いてます。楽しいね!(え


最近、ipod nano買いました。youtubeとかで動画落としたり、楽しいです。
便利ですよね、今の世の中パソコンあればなんでもできるからすごい。ドラマとか映画とかアニメとか、見ようと思えばパソコンで見れるんだもんなぁ・・・。


そういやエリンもほぼインターネットでみた人です私。
やっぱりイアルとエリンは一緒の画面にいるといいですね。エリンかわいいよエリン。エリンをみて表情緩まるイアルもすごい萌える。アニメでは結婚することはないんだろうけど、あのカップル和む。


b81fb237.jpg前の記事で乗せた意味不明な絵に色をつけてみました。何やってんだお前らwwって感じになったよ\(^O^)/
髪白い方を赤い目にして、黒い方を青い目にしようかなとか思ったんですけど、あえて逆にしてみました。うん、よくわかりませんね。



PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- 闇の戯言 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by 妙の宴
忍者ブログ  /  [PR]