忍者ブログ
since 2008/9/17 ネットの片隅で妄想全開の小説を書いています。ファンタジー大好き、頭の中までファンタジーな残念な人妻。 荻原規子、上橋菜穂子、小野不由美 ←わたしの神様。 『小説家になろう』というサイトで主に活動中(時々休業することもある) 連載中:『神狩り』→和風ファンタジー 連載中:『マリアベルの迷宮』→異世界ファンタジー 連載中:『お探しの聖女は見つかりませんでした。』→R18 恋愛ファンタジー 完結済:『悪戯なチェリー☆』→恋愛(現代) 完結済:『花冠の誓いを』→童話 完結済:『変態至上主義!』→コメディー
| Admin |
ブログ内検索
お天気情報
別の世界に旅立っちゃうんだぜ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「アンラ・マンユ・ジルワ」
作:雪芳様

帝国守護団飛行艇に乗る若き兵士ミスラは、商業都市ムエタに着く。悪魔に我が子を捧げた怒りの霊アンラを討伐するために……。 (あらすじより抜粋)

このタイトルを読んだ時。
何、この不思議なタイトルは!と思いました。このタイトルにも入っているように、アンラという魔女を巡る物語。

アンラは自分の子どもを悪魔に捧げて魔法を得ていると言われていました。
が、それに反して彼女は優しいんです。人々の恐れおののく彼女の姿と、実際目の前にいる彼女のギャップがいい。
この作品は読む人それぞれに色んな可能性を与えてくれているのではないかと感じました。上手く言えないですが……
アンラは本当に非情な女なのか? 
アンラの言葉から、仕草から、表情から、考えさせられました。
上手いと思ったのは、読者に想像の余地を多大に与えてくれるその描写力。心理描写は基本的にミスラのものしかないのですが、アンラの気持も表情から、仕草から、想像する余地が生まれているのです。

今後、アンラは、ミスラはどうなるのか。色んなことを想像しすぎて、色んなことを期待したくなるような作品でした。

あーなんか当たり前すぎることしか言えず申し訳ありません。


 

この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- 闇の戯言 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by 妙の宴
忍者ブログ  /  [PR]