忍者ブログ
since 2008/9/17 ネットの片隅で妄想全開の小説を書いています。ファンタジー大好き、頭の中までファンタジーな残念な人妻。 荻原規子、上橋菜穂子、小野不由美 ←わたしの神様。 『小説家になろう』というサイトで主に活動中(時々休業することもある) 連載中:『神狩り』→和風ファンタジー 連載中:『マリアベルの迷宮』→異世界ファンタジー 連載中:『お探しの聖女は見つかりませんでした。』→R18 恋愛ファンタジー 完結済:『悪戯なチェリー☆』→恋愛(現代) 完結済:『花冠の誓いを』→童話 完結済:『変態至上主義!』→コメディー
| Admin |
ブログ内検索
お天気情報
別の世界に旅立っちゃうんだぜ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

えーっと、最後いきなりあるぇですね。
桜の天敵、柊さんです。

桜 \(^0^)/

またこのパターンかよ、と思われた方もいるかもしれませんが、その通りです、またそのパターンです。なんちゅーつっこみどころ満載な小説! さあ皆さん、思う存分つっこんでやってください、これはねーよwwwwwwって。

 桃耶のビッチな文章、どっかに消えてしまいました(´:ω:`)
桃耶は常に速星のストーカーをしています。どうでもいい。
 桃耶と有沢は幼馴染です。それは自他ともに認めてる。だけど桃耶は有沢のことがあまり好きじゃない、むしろ苦手。何の分野においても勝てたことがない、それが悔しい。
 中学生の時。
 有沢に一番近い人間として女子から一目置かれ、女子たちの頂点に立ち、時には友情関係に亀裂を生じさせ、時には友情という名の牽制と条約を成立させていたため、有沢くんからは友だちキラーと呼ばれていた(?)
 有沢のことはこの頃から苦手だったのだが、有沢と仲良しということはある種のステータスであり、桃耶は貪欲なまでに常に人の上に立ちたいという欲求が強く、それを強固なものにするために有沢に肉体関係を迫ったことがある。
 顔はいい、ただ性格とかの相性がだめ。
 が、有沢は当然拒絶する。だって別に桃耶に魅力感じないんだもの。
 桃耶は切れる。逆切れだよ。
「この、童貞野郎が!」
 

だというのに、有沢は自分よりはるかに劣るであろう一ノ瀬桜という人間をラブホに連れ込み、一ノ瀬桜という人間は速星楓にも好意を寄せられ、当然桃耶は腸の煮えくりかえる想いだった。

 ラブホから出てきたのは、見知った人影三つ。
 一人は冷血漢と呼ぶ男。一人はぶーりんと呼ぶ女。一人は楓というイケメン。
 どういうことだ、まさかあんなところで乱交でもしていたのか、このビッチ。
 何でお前だけ逆ハーレムなんだ、どこの十八禁ゲームだよ、とか罵る場面がありました。今回は削ったけど。

どこにいったんだろうなー、デコビッチちゃんのビッチ具合が素敵だったんだけど。

PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- 闇の戯言 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by 妙の宴
忍者ブログ  /  [PR]