忍者ブログ
since 2008/9/17 ネットの片隅で妄想全開の小説を書いています。ファンタジー大好き、頭の中までファンタジーな残念な人妻。 荻原規子、上橋菜穂子、小野不由美 ←わたしの神様。 『小説家になろう』というサイトで主に活動中(時々休業することもある) 連載中:『神狩り』→和風ファンタジー 連載中:『マリアベルの迷宮』→異世界ファンタジー 連載中:『お探しの聖女は見つかりませんでした。』→R18 恋愛ファンタジー 完結済:『悪戯なチェリー☆』→恋愛(現代) 完結済:『花冠の誓いを』→童話 完結済:『変態至上主義!』→コメディー
| Admin |
ブログ内検索
お天気情報
別の世界に旅立っちゃうんだぜ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ディシディアファイナルファンタジー。難しいけどやっぱりおもしろいわ。

今日改めて、レベルや装備なんかより、戦略なんだなとオモタ。
セーブデータが壊れました。なので最初からやり直し、昨日だか一昨日やっとカオス倒して全クリした。
カオス戦の初戦はもちろんオブライトさんで。レベルがカオスのが一つ上でなかなか苦しい戦いでした・・・。あのくるくる回る攻撃、なかなか全部ガードできねー。

で、究極の幻想が出てきたので、ためしにティナ(レベル30)で出撃。素材とかいろいろ足りなくて紙装甲。せめてアクセサリだけはーと思って星のイヤリング装備。

相手はレベル93だか94だか95だか96だかぐらいの1~4のみなさん。レベル差がやヴぁい。

一回の攻撃で即死のブレイブを奪われてしまいます。でも大丈夫。ガードと攻撃さえ使ってればこっちのものです。コスモスの戦士たちはガードしやすいんですね。

初戦に選んだのはフリオ二ールでした。だってオブライト戦はなんとかなんだろ。せっかくだから、最初に勝てなさそうな奴を選ぶ。

フリオニールはストレートアローをすげー至近距離でガードすればそれが跳ね返って自滅うぼぁだから大丈夫だろうと、全く怖がりもせずにどんどん近付くティナ(30)さん。
ブレイブ攻撃もま、ガードすればおk。と思って油断してたら、しょっぱなからマスターオブアームズかまされて死亡。

ブレイブが最初から高いのが悪いと思って、地形を利用してフリオニールのブレイブが削れるのを待ってみたけど・・・・・・こっちくんな→マスターオブアームズ→回避失敗→うぼぁ。

ひたすら遠距離でフラッド→こっちくんな→コンボ決められてうぼぁ。

そんなことを繰り返すこと数回。
ついに私は切れました。

闇「これじゃあ何やっても絶対勝てっこねえ。たとえどんなに卑怯な手を使ってでも、私は勝ってみせる・・・! 召喚獣コンプリートするんだから!」

パンデモ二ウムは、天井が他のステージより低いと思うんだ……というか、狭い空間が多い(?)つーか、壁がいっぱいあるというか。

ひたすら壁と天井付近でトルネド。壁にぶつけてダメージを追加して稼ぐ。最後HP1だけ残るから油断できねー。といっても、はめられているため手も足もでないフリオニール。ずっとティナのターン。

わーこれはひどいはめ殺しだった。

戦い後、一気にレベルが上がった。


二回戦、オブライトさん。
とりあえずガード。シールドオブライトが来たら前転回避。これやってれば怖くない。だってステージの仕様で勝手にブレイブ削られてくし。
とりあえずブレイブがある程度削れるまでEXコアとかフォースを集めまくって満タンにする。
そして、ほぼ確実にブレイブブレイクできる値になったらバースト発動。このころにはマップブレイブが9999でした。わー。卑怯やー。
過去のカオス神殿(真)では、こういう戦い方もあったのかと、改めて知った。(今更…)


三回戦セシル
・・・正直どうして勝てたのかよく覚えてないんだけど、召喚獣のおかげだったような、違うようなって感じ。セシルもトルネドではめ殺しした気がするような違うような。
何回か死亡したことだけは確実です。

この時気付いたらティナがレベル50くらいに上がってました。上がりすぎじゃね?

四回戦タマネギ
この中で一番苦戦。こいつはうざかった。ちょこまかと動いて、攻撃の出も早くて、ガードが間に合わんもしくは早めにガードしすぎて
\(^0^)/\(^0^)/\(^0^)/<うぼあああああああああああああああ

バトルリトライは10回を超えたと思います。多分。

勝てたのは奇跡だったと信じてる。あとでティナのランク見たら、レベル59でSSS猛攻になってた。怖いよ。ティナさんっぱねえっす。



ティナじゃなかったら多分勝てなかっただろうな、フリオにもオブライトにも、セシルにもタマネギにも。

もうちょっと装備とかそろえてレベルある程度上がったら、もっかい行ってきます。しかし究極のカオスはいつまでたっても倒せそうにないなあ。
PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- 闇の戯言 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by 妙の宴
忍者ブログ  /  [PR]