忍者ブログ
since 2008/9/17 ネットの片隅で妄想全開の小説を書いています。ファンタジー大好き、頭の中までファンタジーな残念な人妻。 荻原規子、上橋菜穂子、小野不由美 ←わたしの神様。 『小説家になろう』というサイトで主に活動中(時々休業することもある) 連載中:『神狩り』→和風ファンタジー 連載中:『マリアベルの迷宮』→異世界ファンタジー 連載中:『お探しの聖女は見つかりませんでした。』→R18 恋愛ファンタジー 完結済:『悪戯なチェリー☆』→恋愛(現代) 完結済:『花冠の誓いを』→童話 完結済:『変態至上主義!』→コメディー
| Admin |
ブログ内検索
お天気情報
別の世界に旅立っちゃうんだぜ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 いや、別に憂鬱な内容ではありません。

 むしろ感動的な(?)内容だと思います。

 今日、実習で分娩に経ち合わせてもらいました。分娩ってあれです、出産です。はい。
実習で一度は必ず分娩に立ち会わなければならないのですが、何分全てが初めての経験なので、闇は何をしたらいいのか全くわからず、とりあえずうちわで扇いだり、水をあげたりしていました。どうやらお産は腰に来るようです。腰がとりあえず痛くなると
腰のマッサージしたりもしました。何分、助産学生とは違って本当になにやりゃいいの私、って感じでおろおろしていたら、助産師に舌打ちされそうな勢いでした。わーこれ、闇さん邪魔じゃねー?
これは完璧、お産についてきたはいいけれど、一体どこをどう何をしたらいいのか全くわからない夫のような心境。一応、勉強はしてきましたが、いざやってみろといきなり言われても無理なものは無理だったorz

経産婦さんで、今回が三回目のお産ということで、かなりお産の進行も早かったです。陣痛誘発剤を使って人工的に子宮を収縮させていたのですが、やっぱり聞いたら痛いそうです。痛いけど・・・・・・子どもが生まれることは楽しみだし、ね。
最後に向かうにつれて、テンションが上がってくるらしく、妊婦さん異様にテンション高くて
「ごめんね! 私騒いじゃうかもしれないけど!」
と明るく言ってくれました。


陣痛が強くなってくると、いろんなことに気を配る余裕もなくなってきます。痛みでもう何がなんだかわかんねーようって感じでした。
一緒に闇も、
「フーウンッ、フーウンッ」と陣痛にあわせて呼吸をするわけですけど……
いきんでいる妊婦さんをみて、
闇も何か生まれそうな勢いでした

そして経産婦さんなので、産む時間はめちゃくちゃ短いんです。
多分、破水してからあっという間、30分もかかっていないでしょう。
もう何が何だか闇にもわからず、
赤ちゃんが下から出てきました。


人間が生まれる瞬間をはじめてみた闇は

わけもなく泣けてきて、

赤ちゃんと一緒に泣きました。(赤ちゃんは呼吸をするために泣いているわけですけど)

でもちょっと怖かった。感動したけど。臍帯がグロテスクだった。胎盤もだけど。

あの謎な臓器が母親と子どもをつないでいたんだなーと思うと不思議ですね。

人間は本当に(?)よくできているなーと思いました。男の人はお産の痛みに耐えられないとよく聞きます。

女はやっぱり強い(そこかよ)
PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- 闇の戯言 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by 妙の宴
忍者ブログ  /  [PR]