忍者ブログ
since 2008/9/17 ネットの片隅で妄想全開の小説を書いています。ファンタジー大好き、頭の中までファンタジーな残念な人妻。 荻原規子、上橋菜穂子、小野不由美 ←わたしの神様。 『小説家になろう』というサイトで主に活動中(時々休業することもある) 連載中:『神狩り』→和風ファンタジー 連載中:『マリアベルの迷宮』→異世界ファンタジー 連載中:『お探しの聖女は見つかりませんでした。』→R18 恋愛ファンタジー 完結済:『悪戯なチェリー☆』→恋愛(現代) 完結済:『花冠の誓いを』→童話 完結済:『変態至上主義!』→コメディー
| Admin |
ブログ内検索
お天気情報
別の世界に旅立っちゃうんだぜ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さすらいの物書きさまーアドバイスありがとうございました♪鬼束ちひろをひたすら聞き、世界構成をはっきりさせていっている闇です。

やっぱりどっちかというとシリアスになりました。

シリアスだと私の場合、重く書きすぎてだれも入ってこれないのですが、書きたいものを私は書きます!

自分が満足できないものを人にお出しするのは失礼でしょう。料理と一緒ですね。(料理なんてほとんどしない闇がいうことじゃありません←

何か私の素敵友達がいっていたんですが、
自分が一番自分の好みの文章やら話やら絵を創造することができる

……だそうです。ちくしょー、私一度だってそんな経験したことないぜ!!

ハイファンタジー、何とか20日までには終わりそうです。


今日関係法規のテストだったんですよー(どうでもいい報告)

全然勉強せずに望みました。

だってテストだし←

テストも終わったことだし、ちょっとマッサージでも行ってくっかなーと。今日体心館という秋なのにクリスマスのようなイルミネーションが一年中してある怪しげな所へ行ってきました。

ブラはずして、パンティーだけになり、店で渡される変なジャージみたいな服に着替えてマッサージされましたよ。

気持ちよかったですよー筋肉ほぐれましたよー。

若いのに、凝り性の私、闇。凝りは首から来るんだって。

「細い首で重い頭を支えますからねー」

ふーん………


私、絶対自分の頭空だとおもうけどなーあはははは。

めちゃめちゃ痛かったです。凝っているところは押されるとすごく痛いのです。

こりこりしていました。背骨の矯正とかいって、椎間板をなんかこうバキボキやられ、(痛くないよん)
本当に矯正されていくのがわかりました。

「凝ってるねー、本当に○○代?」と友達は聞かれていた……。

だって仕方ないよね、学生って下向いて勉強するし。

明日は模試だしよ!
PR
無題
投稿者: さすらい物書き HP 2008/10/10 08:32 EDIT

鬼束ちひろをひたすら聞いて構築された世界を舞台に描かれるファンタジーって、すごく興味がそそられますね(笑)。

なんだか自動的にシリアスでダークネスなお話になりそうな気がします。

小説を書くのは、ホント、料理に似てます。僕もゼンゼン料理はしませんが。

ネタが新鮮で上等なら下手な料理人がほとんど手を加えずにそのまま出してもおいしいし、逆に平凡な材料でも上手い料理人が愛情を込めて見事な調理をすれば、おいしい料理が出来上がる。

腕もネタも良ければなお良し。

僕、おとといお寿司を食べたんですけど、お醤油で食べたのは2貫だけ。あとは全部塩とレモンを多めにかけていただきました。

大半の寿司ネタは塩とレモンで食べるのが美味しいんです!

自分の好みや、自分の趣味、そのときの気分は自分が一番詳しいものですよね。

あ、ちなみに、話変わりますが僕のペンネームは「さすらい物書き」で、「の」は入りません(汗)、今後ヨロシクです(笑)。

模試、お疲れさまです。

なにを隠そう「ツボ指圧」や「マッサージ」が特技でプロより上手だと自負しているさすらい物書きでした。整骨院や鍼灸院にもよく行きます。

友菜センセイの重くて暗いファンタジー、読むの楽しみにしてます♪
ダークネス。そっか、お名前も“闇”でいらっしゃいましたね。
闇に生きる、闇好きな人間から生み出されるダークファンタジー。質量のある闇。
……乞うご期待です(なぜオレが云う)。
Re:無題
2008/10/10 23:57
さすらい物書き様
失礼しましたーf^^;「の」はいりませんでしたね。
あー私って本当にうっかりさんでして……
マッサージ得意なんてすごい羨ましいですよー。私もできたらなー。

鬼束ちひろのダークな感じ結構好きなんですよー。特に月光が(笑
確かにちょっとダークになりました。でも私自体、かなりおかしな人のはずなので、ところどころおかしいところが入っている気がします。
重いか暗いかどうかわかりませんが、そこまで重くしたつもりはありません。バッドエンドは嫌いじゃないけど、やっぱりハッピーエンドが好きな女の子なので。

うーん、それはいえていますね。ネタがいいか、腕がいいか。とても腕はいいと思えないので、せめて意味のわからない話にならないようにしたいです。
私の場合、料理人がこれなので、料理もあれですね、思いつきと勢いで構成されてます(?)
現に、料理は味付け適当。でも意外と美味しくできるのですよ。酢を使うと結構旨いですよ!

どうか私の今回の作品が皆さんから不味いと言われませんように。

へぇー! お寿司に塩とレモンですか! 
食べたことないですねー。本当に人それぞれの好みですよねー。まあ何億という人が生活してるんですから、同じ感性をしてる方が気持悪いですけど。
今度、是非試してみたいです!

そんなに期待していただけるとプレッシャーですが嬉しいです(笑

この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- 闇の戯言 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by 妙の宴
忍者ブログ  /  [PR]