忍者ブログ
since 2008/9/17 ネットの片隅で妄想全開の小説を書いています。ファンタジー大好き、頭の中までファンタジーな残念な人妻。 荻原規子、上橋菜穂子、小野不由美 ←わたしの神様。 『小説家になろう』というサイトで主に活動中(時々休業することもある) 連載中:『神狩り』→和風ファンタジー 連載中:『マリアベルの迷宮』→異世界ファンタジー 連載中:『お探しの聖女は見つかりませんでした。』→R18 恋愛ファンタジー 完結済:『悪戯なチェリー☆』→恋愛(現代) 完結済:『花冠の誓いを』→童話 完結済:『変態至上主義!』→コメディー
| Admin |
ブログ内検索
お天気情報
別の世界に旅立っちゃうんだぜ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【純粋だからこそ汚れた周囲が腐敗して映る】
という話に本当はしたかったのだと思いますが。何故か程遠いものになった月君。(勝手に省略)

話の流れは以下の通りです。↓

 昔ベリアードという国に、それはそれは大層貧相な姫がいました。名はスピカ(真珠星)。右目は幼いころより見えず眼帯をしていました。左目はヘーゼル色の瞳です。スピカ姫は毎日、灰色の空を仰ぎました。
 この世界の空は一年中灰色でした。住民は青い空を拝んだことがありませんでした。もちろん、スピカも空の青さを知りません。
 空は邪悪な竜によって奪われてしまったのです。
 彼らの吐く硫黄の息はそらを亜鉛色に雲らせて酸の雨を降らせ、大地を枯渇させました。地上の人はそれを恨みながらどうすることもできません。
 ベリアードには竜を自在に呼び出したり操ったりする一族がいました。彼らは自らを召喚士と名乗っており、皆空のように青い瞳をしていました。王は再三彼らに竜を殺して欲しいと頼んでいました。ですが竜と仲のよい彼らはその頼みを聞くことができません。
 ある時、ベリアードの占者が国の未来を占いましたところ、青眼の者は国を滅ぼすと分かりました。それを聞いた国王は、早速青眼の人間を片っ端から捕らえて絞首刑にしてしまいました。
 召喚士はそれからどこに行っても迫害され、彼らは地上の居場所を失ったのです。悲しみにくれた召喚士たちは空へ上り、天空へ居場所を求めたのです…。
 

 彼らは新たな楽園で幸せに暮らしていました。
ーー誰かの悲鳴と慟哭を聞くまでは。
 束の間の幸せ。楽園で悲鳴が聞こえるはずがない。【祈り】は笑顔で、墜ちてゆきました……。


 姫は父を敬愛していました。民に愛され家族に愛され。父はいつも微笑みを絶やしませんでした。
 姫は知りませんでした。
 知ろうとしませんでした。
ーー父が黒い感情を隠すために笑っていたことを。父が本当は愚かな王で、支配欲にまみれていたことを。自分を見るとき、獲物を狙う猛獣のように血走った目をぎらつかせていたことを。
17歳の誕生日の前日、姫は牢へ隠されました。召喚士として竜を喚び支配する為。姫は竜の娘でしたが腐敗した世界に落されました。
 姫は己の気付かないうちに己の守護竜を呼び出していました。(外に出たいと思ったあの時です。)

シリウスは姫の守護竜だったのです。シリウスの言葉は、姫に真実を突き付けました。そこでやっと気付かされたのです。

 竜を支配するには竜石という石が必要でした。その石は竜毎に異なり竜の命、魂でした。姉のイラは、その石を何故か持っていました。イラは姫の母親から、竜石を奪ったのでした……。
シリウスはイラに操られ、姫を裏切ります。
姫は再び暗い地下宮に幽閉され、明朝に処刑される運命となりました。
暗闇の中、ひとりシリウスを恨む姫。己の竜を思ううち、彼の言葉が聞こえてきました。

 王もイラも知りませでした。彼女そのものが、竜であることを。右の青い目を持つ彼女こそが……父の求めた天空竜だったのです。姫は竜の血を引く娘でした。王は自分が今まで囲い続けた姫自身の手で、殺されたのでした…。
 
 その後…
青い目はベリアードのみならず世界に革命と光をもたらしたものとして、色んな国から追われるようになりました。
ちゃんちゃん♪(え)

えーと…
今回、全く主人公には感情移入できませんでした。一人称で書いていたにもかかわらず、どこか客観的。なんとなく冷めた印象だったのではないかと。あまりにも闇と心がかけ離れていた。もう勝手にしてくれッッ!全く掴めないぜ。スピカ。闇と同じだ!
スピカの目ですが…右目は自前。左目が移植したものです。地上に墜ちてから移植したものと思われます…。魔力なしのカモフラージュとして、青味が少ないヘーゼルになったと。


元々壮大なスケールの話だったので、一万で語るには色々足りなかったなぁ。そのうち、なんかシリーズ化するとか連載するとか、考えるかもしれませんね。


他の方の作品全部に感想評価レビュー入れるのが目標!

最後に。
主催様、素敵な企画本当にありがとうございました!
PR
素敵な作品をありがとう。
投稿者: さすらい物書き 2008/10/28 01:16 EDIT
友菜センセイこんばんは。さすらい物書きでございます。

友菜センセイのなろうファンタジー作品『月の下で君を喚ぶ』、鬼束ちひろの『月光』を聴きながら読ませていただきました。

たいへん恐縮ながら、レビューも書かせていただきました。よろしければお目通しください(汗)。

これからも素敵な作品を書いてくださいね。応援しています!
Re:さすらい物書き様へ!
2008/10/28 19:24
わーさすらい物書き様(≧∀≦)/
早速読ませていただきましたφ(*゜▽゜*)ψ何かもう嬉しすぎて言葉がございません!ありがとうございました!ありがとう以上の言葉があればいいのに…。闇の作品には勿体ないレビューです。深く読んでいただきありがとうございます!
楽しんでいただけたようでよかったです!実は内心、どんな酷評が来るんだとびびっていた闇です。
これからも闇を見捨てないで下さいませ(笑)
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- 闇の戯言 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by 妙の宴
忍者ブログ  /  [PR]