忍者ブログ
since 2008/9/17 ネットの片隅で妄想全開の小説を書いています。ファンタジー大好き、頭の中までファンタジーな残念な人妻。 荻原規子、上橋菜穂子、小野不由美 ←わたしの神様。 『小説家になろう』というサイトで主に活動中(時々休業することもある) 連載中:『神狩り』→和風ファンタジー 連載中:『マリアベルの迷宮』→異世界ファンタジー 連載中:『お探しの聖女は見つかりませんでした。』→R18 恋愛ファンタジー 完結済:『悪戯なチェリー☆』→恋愛(現代) 完結済:『花冠の誓いを』→童話 完結済:『変態至上主義!』→コメディー
| Admin |
ブログ内検索
お天気情報
別の世界に旅立っちゃうんだぜ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんで雪降らんのだろう。降らないほうがいいんですけどね。しかし冬とは思えないほど暖かい日が続いてるなあ。12月に入ったのに、12月って感じがしません。
受験生は大変ですね。センターまで一か月ちょいか。H1N1もまだ終息したってわけじゃないし、季節性のインフルも来るし、でもワクチンはなかなか打てないというね。

神狩り32話【巫女に望むもの】更新しました。
【飛景に連れて行かれた先は帝の御所ではなく、神狩りの巫女たちが集められている巫女舎だった。海鶴はそこで、巫女として望まれるのは力であることを、改めて思い知った】みたいな感じだと思います。

今回の場面は結構前々から書きたかったところで、やっとここまでこれてほっとしています。途中薫回を挟んでいたから仕方ないことなんですが、こんなに後回しにしてごめんね海鶴。

陰湿な女の争いみたいなのをがっつり書きたいと思ったんですが、どうも私の力不足だったようで、書けませんでした。またそこで引きのばすとずるずる長くなりそうだったし。
本当はですね、巫女たちに最初だけめちゃくちゃちやほやされて、海鶴があれだと知れ渡った途端、態度を急変させるというギャップを強調させたかったのです。
そしてちやほやしつつも、心の内では「何こいつ。途中から参加してきて飛景さまのお気に入りで一の巫女さまのお気に入りとかあり得んしww気に入らないけどきっとすごい力持ってんだろうなwwテラチートじゃねーかwwwwうぇwwうぇww」とか思っているってわけです。そして羨望と敬意を込めた目で遠巻きに見ていると。近づきたいんだけど、自分だけ近づくと抜け駆けしたとか言われそうで、怖くて海鶴に近寄れない巫女たち。茜は巫女たちの中でもかなり力ある巫女のため、近づいても何も言われません。ジャイアンみたいな感じです。

 浅羽を見ていたのは、男の人自体、巫女舎に入ってくるのは稀だから。っていうか飛景以外入ってこない。そして彼女たちは巫女であるため、男の人との接触は元々あまり持っていません。そして久しぶりに飛景以外の男が入ってきてがん見。しかも普通にかっこいいとか。

巫女たち「このリア充が。男連れかよ
asaba.jpg海鶴「浅羽、逃げて!! 私たちフルボッコにされるわ!」

(かみおさまに以前書いていただいた浅羽(左)をお借りします)

しかも飛景は海鶴にべったりです。これは本当に飛景のお気に入りの巫女なんだと気付き、やっぱりこいつはすごい力を持っている巫女なんだろうなと、尊敬のまなざしで飛景と肩を並べる海鶴を見ていたわけです。
巫女たちにとって、力を持つことは、教祖(違う)である一の巫女に近づけるということ。一の巫女は巫女たちから何故か絶大な人気があります。帝以上に支持者がいます。神を討ち滅ぼす(滅ぼしてません)その武勇伝(笑)に、多くの人々は支えられ、一の巫女に憧れて巫女になった都の娘もいるとかいないとか……。何であれ、一の巫女は神を撃退してくれる国の英雄というわけですね。狂信的な信者を次々と生み出す白藍はやっぱりすごい。
(白藍はチートなので仕方ありません。)


これだけのことを伝えたかったのですが、本文中ではとても中途半端にまとまってしまいました。ちやほやが少なかったね。
白藍は次回出てくると思います。よかったね白藍。やっと海鶴に直接会えるというわけですか。
ちなみに、白藍は会いたい人にしか会いません。あとは知りません、こっちくんなwwと言って閉じこもっていることが多いです。


以下どうでもいい文章
↓ 


最近、zektbach叙事詩の考察サイトを巡ったりすることにはまっています。音げーとかやったことないけど。
初めてブラジャスとか、リスタチアとかのpvを見て鳥肌が立ちました。何このクオリティー高い手描きのpv。Mayaさんすげーと思った。ゼクトバッハはまりました。あの世界観が好き。実在した人物の名前がヨアの手記に出てきて、微妙に現実世界とリンクしているところとかある。不思議な世界です。リスタチアという宝玉が人々を狂わせていき、世界は最後やっぱり崩壊するんでしょうか。アンネース大虐殺したし、ノクスとマタンも戦争してるし。人は互いの正義や願いや欲望を掲げて、他者の思いを考えずに殺し合う運命を繰り返す愚かな生き物ですってことを言いたいのかな。(違うか)
盲目的正義も、あれですね。マタンは強き幸福な環境(だっけ?)ってなってるけど、機関の傀儡として王国の頂点に立つ彼女が幸せかどうかって聞かれたら、首をかしげたくなります。信頼できる人物はファロだけなんだろうし。(あのpvの場面でファロしか後ろにいなかった。女王であっても心から信頼しているのはファロだけ。)マタンはかごの中の鳥。でもそれを知らないのかなあ……。ノクスが何で戦争仕掛けてくるのかわかんないくらいだし。苦しんでいる人がいるってこと知らないのか……。ノクスも、マタンが何も知らずに女王をやってるとは知らない、んだろうなあ。
 ノクスはマタンとは逆には弱き環境だっけ?うーん、確かに立場的には弱い環境なのだろうけど、ノクスは心から信頼できる仲間もいたし、マタンとは違って一人ではなかったから(pvでも彼の後ろには、二人か三人くらい映っている)、不幸、ではないと思うんですが。いいからマタンの傍にいてあげて!
リアンが苦労して作った超越者の系譜は、こんなに簡単に失われちゃってよかったのか。。お前らいいから話し合え。……っつってもリスタチアが憎しみを増強させてるとか言ってたから、冷静な状態じゃないのかな。マタンもただ弟を救いたい一心で、周りの状況とかもあんまりよく見えてなかったのかもしれない。
可哀想な双子ですね。マタン、強く生きろ。

気になっているのが、マタンの生死だったりします。あとリスタチアのノクスとアンネースとマタンの三人が出てくるところ。マタンがノクスに手を伸ばしかけていたのに、アンネースがノクスを抱きしめて二人で落ちていくあれです。何だろう、そのあと正装した二人が並んで剣舞するところとか世界オワタ\(^0^)/としか思えないんですが。
どういう経緯なの?マタンって生きてるの?なんでマタン正装したノクスに祈ってる(膝をついている?)の?

ヨアはロリコンなの?

わかりません。

PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- 闇の戯言 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by 妙の宴
忍者ブログ  /  [PR]